型紙(作り方)

らくTシャツ作り方

はじめに準備する主なもの

・ニット用のミシン針

・ニット用の糸

・チャコペン(水で消えるものが便利)

・伸びどめテープ

・裁ちばさみ

1.型紙の準備

【型紙】らくTシャツ

はじめに型紙を切り取ります。

外枠の線がカットする場所です。

※この型紙は縫い代込みの型紙です。内側の線は出来上がり線になります。

【型紙】らくTシャツ

あればカッターでカットすると便利です(^^)

【型紙】らくTシャツ

型紙の準備ができました!

2.生地を裁断

【型紙】らくTシャツ

前後見頃は半分のみになりますので、中心から反転させてお使いください。

生地の上に型紙をおきます。

身頃の中心部分(水色の箇所)に印をつけます。裾側の印はなくてもかまいませんが、予め印をつけておくと型紙を反転させるときに便利です。

中心以外の外枠(赤の点線部分)をカットします。

【型紙】らくTシャツ

型紙を反転させて反対側もカットします。

【型紙】らくTシャツ

同じ要領で後ろ見頃もカットします。

【型紙】らくTシャツ

袖も2枚カットします。袖は身頃のように反転させる必要はありません。

「肩合印」のところに印をつけます。この印は袖を見頃につけるときに必要になります。

【型紙】らくTシャツ

襟リブも1枚カットします。襟リブも反転させる必要はありません。

肩合印(2ヶ所)と前中心、後ろ中心に印をつけます。

【型紙】らくTシャツ

前中心をわかりやすくしておくと便利です。

【型紙】らくTシャツ

必要なパーツが準備できました!

3.縫う前の下準備

【型紙】らくTシャツ

「伸び止めテープ」を後ろ見頃(裏)の肩に貼ります。

【型紙】らくTシャツ

水色の部分が「伸び止めテープ」を貼る場所です。

【型紙】らくTシャツ

必要な長さ(肩の長さ)にあわせてテープをカットし、アイロンで接着します。

これで伸び止めテープを貼る作業は終わりです。

【型紙】らくTシャツ

アイロンを出しているので、前後身頃の裾、袖の縫い代の合計四か所にもアイロンをかけて折り目をつけておきましょう!

【型紙】らくTシャツ

裏側に2.5cm分おってアイロンをかけます。

【型紙】らくTシャツ

アイロンで折り目をつけました!

これで縫う前の下準備は終わりです。

4.肩を縫う

【型紙】らくTシャツ

前後見頃の肩を中表(表が内側にくるようにする)に合わせて「直線縫い」で縫います。

【型紙】らくTシャツ

縫いました!

【型紙】らくTシャツ

縫い代端にジグザグ縫いをかけます。

【型紙】らくTシャツ

表に返すとこのような状態になります。これで肩の縫い合わせは完了です。

5.袖を身頃につける

【型紙】らくTシャツ

袖の縫い代端にジグザグ縫いをかけます。

【型紙】らくTシャツ

できました!

【型紙】らくTシャツ

予めアイロンで折り目をつけておいた2.5cm分を折って直線縫いをします。

【型紙】らくTシャツ

袖口の端から2cmのところを直線縫いで縫います。

【型紙】らくTシャツ

【型紙】らくTシャツ

先のステッチの5ミリ程度下にもう一本ステッチを入れます。

【型紙】らくTシャツ

ステッチがかかりました!

【型紙】らくTシャツ

袖を見頃につけます。写真のように置いてください。

【型紙】らくTシャツ

身頃の肩の縫い代は後身頃側へ倒します。

【型紙】らくTシャツ

肩の部分は肩の合印と身頃の肩を縫い合わせた箇所を合わせます。

【型紙】らくTシャツ

直線縫い、縫い代1cmで縫います。

【型紙】らくTシャツ

袖がつきました!表に返してきれいに袖がついているか確認!

【型紙】らくTシャツ

確認後、縫い代端にジグザグ縫いをして、袖つけは終了です。

6.襟リブを身頃につける

【型紙】らくTシャツ

襟リブに印がついているか確認をします。

裁断時に付け忘れた場合は型紙をのせて印をつけます。

【型紙】らくTシャツ

半分に折って、縫い代1cmで縫います。

【型紙】らくTシャツ

縫いました!!

【型紙】らくTシャツ

リブの縫い代はひらきます。

【型紙】らくTシャツ

表側にかえして縦半分におります。縫い代は写真のように内側に隠れるようになっていると思います。

【型紙】らくTシャツ

襟リブを見頃につけます。「襟リブの前中心と身頃の前中心」というように肩や後ろ見頃も印を合わせていきます。

【型紙】らくTシャツ

肩の縫い代は、袖つけのときと同様、後ろ見頃側に倒します。

【型紙】らくTシャツ

直線縫いで端から1cmのところを縫います。

【型紙】らくTシャツ

リブが付きました!

【型紙】らくTシャツ

表に反してきれいに縫えているか確認し、問題がなかったら縫い代はしにジグザグ縫いをします。

【型紙】らくTシャツ

好みで襟回りにステッチを入れます。

【型紙】らくTシャツ

【型紙】らくTシャツ

ステッチが入りました!これで襟リブは完了です!

7.身頃の脇と裾を縫う

【型紙】らくTシャツ

身頃の両脇「袖下~裾まで」を縫います。点線の部分です。

【型紙】らくTシャツ

袖下の縫い代は袖側、身頃側の交互に倒します。

【型紙】らくTシャツ

【型紙】らくTシャツ

直線縫いで縫い代1cmで縫います。

【型紙】らくTシャツ

きれいに縫えていたら縫い代端にジグザグ縫いをします。これで身頃の脇が縫えました。

【型紙】らくTシャツ

次は裾にジグザグ縫いをしていきます。

【型紙】らくTシャツ

脇の縫い代は後身頃側へたおします。

【型紙】らくTシャツ

縫い代の裾にジグザグ縫いをします。ぐるっと一周かけて完了です。

【型紙】らくTシャツ

裾を縫っていきます。まず、裾の縫い代2.5cmを折ります。(最初にアイロンをかけて折り目をつけている部分です

【型紙】らくTシャツ

脇の縫い代は後身頃側へたおします。

【型紙】らくTシャツ

端から2cmのところを縫います。

【型紙】らくTシャツ

1本目のステッチが縫えたら、その5ミリ下にもう一本ステッチを入れます。

【型紙】らくTシャツ

表にかえすとほぼ完成です!!

8.仕上げ

【型紙】らくTシャツ

袖下の縫い代を後ろに倒してミシンで縫いとめます(青い部分)

【型紙】らくTシャツ

一旦、Tシャツを裏返しにします。縫い代は後に倒します。

【型紙】らくTシャツ

このような状態でミシンにセットします。

【型紙】らくTシャツ

水色の線の部分を直線縫いで2~3回返し縫いをしてください。

【型紙】らくTシャツ

縫いにくい部分なのでゆっくり縫ってください。

【型紙】らくTシャツ

縫えました!片方の袖も同様に縫います。これでおしまいです!!

【型紙】らくTシャツ

最後は、でている余計な糸をハサミできりましょう。

完成

【型紙】らくTシャツ

【型紙】らくTシャツ

お疲れ様でした!!

いかがでしたか?難しかったでしょうか(*^-^*)たくさんお作りいただけたら嬉しいです。

簡単ベビーパンツ作り方

1.型紙を準備する

ベビーパンツ

ベビーパンツ

2.生地をカットする

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

3.両脇・股下を縫う

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ウエスト部分の拡大写真です。ゴム通し用に1.5cmぐらい、縫わずにあけておきます。

ベビーパンツ

生地端から1cmのところに直線縫い、その後ジグザグ縫いをする。縫いはじめと縫い終わりは返し縫をしてね。

ベビーパンツ

4.ゴム通し場所を作る

ベビーパンツ

3の作業が終わったあとの、ウエスト部分の拡大写真です。

ベビーパンツ

ベビーパンツ

5.ウエストと裾の生地端にジグザグ縫い

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ウエスト部分は、4.の作業での縫い代をひらいているので、開いた状態でジグザグミシンをかけます。

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

6.ウエストと裾を縫う

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ベビーパンツ

少し縫いにくいけど頑張って!

ベビーパンツ

7.ゴム通し&完成

ベビーパンツ

幅1cm~1.5cmぐらいのゴムを通します。赤ちゃんのウエストにやさしい、柔らかいゴムを使用してください。ゴムの長さは赤ちゃんのウエストに合わせてカット。

ベビーパンツ

ベビーパンツ

ゆるTシャツの作り方

はじめる前に準備するもの

・生地

・型紙

・ミシン

・ニット用の糸と針

・伸びどめテープ(ニット用)またはニット用の接着芯を1.2cmぐらいにカットしたもの

<生地選びのコツ>

生地は40/2天竺と同じぐらいの厚みの天竺やミニ裏毛

が適しています。

やわらかく伸びのよいムースニットや接結ニットは大きく仕上がります。テンションが低めのムースニットや接結ニットあれば使用可能です。

1.型紙と生地をカットする・印つけをする

30分でTシャツを作ろう

型紙をカットして準備する。

※プリント後に型紙に記載されている5cmスケールが正しいかご確認をお願いします。

30分でTシャツを作ろう

生地をカットします。

身頃の「前中心」「後ろ中心」襟リブの「前中心」「後中心」「肩」の部分の印つけを行う。

2.肩に伸びどめテープを貼る

30分でTシャツを作ろう

伸びどめテープを用意する。テープは1.2センチ幅ぐらいのもので、肩よりはみ出した部分はカット。糊がついているほうがザラザラした手触り。

30分でTシャツを作ろう

後ろ見頃を裏に反して、肩に伸びどめテープを貼る。ザラザラした面と生地とをあわせる。

30分でTシャツを作ろう

アイロンでプレスしてくっつける。

30分でTシャツを作ろう

くついた!!

3.身頃の縫い代もアイロンで折り目をつける

30分でTシャツを作ろう

袖と裾を縫い代分を折ってアイロンをかける。

30分でTシャツを作ろう

袖部分の縫い代はこのようになります。

30分でTシャツを作ろう

アイロンがかかりました!

4.肩を縫いあわせる

30分でTシャツを作ろう

前後見頃を中表にして合わせて肩を縫う。

縫い代1cmで「直線縫い」したのち端を「ジグザグ縫い」する。縫いはじめと縫い終わりは返し縫い。

30分でTシャツを作ろう

慌てずゆっくりと。生地は引っ張らないで。

30分でTシャツを作ろう

肩が縫えた!

30分でTシャツを作ろう

表に返すとこのような状態。

5.袖を縫う

30分でTシャツを作ろう

肩の縫い代は後身頃側に倒す。

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

生地端にジグザグ縫いをする。

30分でTシャツを作ろう

両袖ともおこなう。

30分でTシャツを作ろう

縫い代分1cmを折り返して、クリップなどでとめる。(先にアイロンで折り目をつけているのでやりやすいはず)

30分でTシャツを作ろう

生地端から0.7cmのところを直線縫いで縫う。裏側から縫うと縫いやすい。

縫いはじめと縫い終わりは返し縫い。

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

縫いにくいところでもあるので頑張って!!

30分でTシャツを作ろう

脇の下の縫い代はこのようになる。

30分でTシャツを作ろう

両袖が縫えた!

5.脇を縫う

30分でTシャツを作ろう

両脇を縫う。

30分でTシャツを作ろう

脇下の縫い代部分がちょっと難しい。

30分でTシャツを作ろう

縫い代1cmで直線縫い。少しななめから入るイメージで。

30分でTシャツを作ろう

直線縫いが終わったら生地端をジグザグ縫いする。

6.裾を縫う

30分でTシャツを作ろう

脇の縫い代は後身頃側へ倒す

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

裾の生地端をジグザグ縫い。

30分でTシャツを作ろう

縫い代を2.5cmで折って、待ち針やクリップでとめる。(先にアイロンで織り目をつけているのでやりやすいはず)

30分でTシャツを作ろう

生地端から2cmのところを縫う。

慣れない場合は、縫い代側から縫ってもOK。表から縫うと仕上がりがきれい。(写真は表から縫った場合)

30分でTシャツを作ろう

上の写真で裾が縫い終わったら、その縫い目の約0.5cm下にもう一本ステッチを入れる。

30分でTシャツを作ろう

2本ステッチが入った状態。

30分でTシャツを作ろう

裾が縫えた!あともうひと踏ん張り!

7.襟リブをつける

30分でTシャツを作ろう

リブを用意します。「前中心」「後中心」「肩」「肩」の四か所にチャコペンで印をつける。

30分でTシャツを作ろう

私は前印をこのようにつけています。「F(Front)」

30分でTシャツを作ろう

表が内側にくるように半分におる。生地の端から1cmのところを直線縫い。

30分でTシャツを作ろう

輪のような状態になる。

30分でTシャツを作ろう

リブの縫い代は写真のように割る。

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

生地を表に返して、縦に半分に折る。(縫い代は内側になる)

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

印どおしをあわせ身頃に襟リブを待ち針やクリップでとめる。

襟リブの「前中心」身頃の「前中心」を合わせてから、他の場所を合わせてとめていくとやりやすい。

30分でTシャツを作ろう

写真のようにミシンにセットするとぬいやすい。

30分でTシャツを作ろう

生地端から1cmのところを直線縫いで縫う。

襟リブのほうが身頃の襟ぐりの寸法より短いため、襟リブを気持ち伸ばし気味にぬう。

30分でTシャツを作ろう

襟がついた!

30分でTシャツを作ろう

ここで綺麗に縫えているか確認!!身頃の生地が変に巻まれていないかよくみてね。

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

直線縫いがきれいに縫えていたら縫い代にジグザグをかける。

30分でTシャツを作ろう

襟の縫い代を落ち着かせるために首回りにステッチを入れてもOK!お好みで。

8.仕上げ 袖下を補強する

30分でTシャツを作ろう

補強をしなくても着れますが、より丈夫にするために補強します。

細かい作業になるため、家庭用ミシンで縫いにくい場合は、手縫いでもOK!

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

オレンジの部分(1~1.5cmぐらい)を補強する。

30分でTシャツを作ろう

表からミシンをかける。

30分でTシャツを作ろう

ミシンをかけた。1~1.5cmぐらい返し縫をすれば大丈夫。

この箇所は返し縫いを家庭用ミシンですると生地を巻き込んで縫いにくい場所になるため、慣れない場合は手縫いでとめてね。

9.完成です!!

30分でTシャツを作ろう

30分でTシャツを作ろう

お疲れさまでした!!!完成です!!

思っていたより簡単でしたか?それとも難しかったですか??

たちまちショートパンツの作り方

パンツ部分を作ります

たちまちショートパンツ

裁断とウエストと裾にアイロンをする

たちまちショートパンツ

前パンツ2枚・後パンツ2枚・フリル(つける場合のみ)を裁断します。

たちまちショートパンツ

型紙はパンツのみになり、フリルのサイズは別紙に記載されています!

たちまちショートパンツ

ウエスト部分の縫い代 3cm と裾部分の縫い代 4cmをアイロンで折ります。

たちまちショートパンツ

パンツの脇と股下を縫う

たちまちショートパンツ

はじめに右パンツを作ります。前パンツと後ろパンツを中表に合わせて脇と股下を縫い合わせます。縫い代はロック(1本針3本糸)で始末します。

たちまちショートパンツ

次に左パンツを作ります。股下と脇を縫うのは右パンツと一緒ですが、左パンツは脇を縫い合わせる際に「ゴム入れ口」を開けて作ります。

上(ウエスト)から 4cmぐらいのところに縫い目ギリギリまで切り込みを入れます。

※ほつれやすい素材(ガーゼなど)はこの場所にゴム入れ口を作らず、ウエストを始末するときにゴム入れ口を作ります。

たちまちショートパンツ

ロックミシンは切り込みの下から 2枚一緒にかけます。

たちまちショートパンツ

ゴム通し口ができました。

たちまちショートパンツ

たちまちショートパンツ

パンツの裾と股ぐりを縫う

たちまちショートパンツ

パンツの裾にロックミシンをかけます。

裾は 4cm の二つ折で説明していきますが、お好みで 2cmの三つ折りでも、1cm+3cm の三つ折りにしていただいても大丈夫です♪

たちまちショートパンツ

裾から 3.5cmのところをステッチします。(左右のパンツどちらもステッチする)

たちまちショートパンツ

左右のパンツができました。

たちまちショートパンツ

ひとつは裏にして、もうひとつは表にします。

たちまちショートパンツ

たちまちショートパンツ

裏返したパンツに表にしたパンツを入れます。(これで中表で合わさっている状態になっています。)

たちまちショートパンツ

股ぐりを縫います。補強のために2回縫うと安心です。縫い代はロックで始末します。

たちまちショートパンツ

ウエストを縫う

たちまちショートパンツ

ウエストの縫い代にロックをかけます。

たちまちショートパンツ

縫い代を折って、ウエストから 2.5cmのところをステッチします。

フリルをつける際にこのステッチを目安にしますので、2.5cm 幅を守るようにしてくださいね。

たちまちショートパンツ

表に返してパンツの完成です!

フリルをつけない場合は、ゴム(51センチぐらい・縫い代こみ寸法)を入れて終了。フリルをつけるときはゴムは入れないでください。

たちまちショートパンツ

フリル付きの場合

たちまちショートパンツ

フリル用のパーツを作る

たちまちショートパンツ

フリルの脇にそれぞれロックをかけます。(合計 4カ所)

中表に合わせて両脇を縫い合わせます。

たちまちショートパンツ

縫い代をアイロンで割ります。

たちまちショートパンツ

裾側に来る方は1cmの三つ折り。ウエスト側はロックをかけて1cmの二つ折りにします。

ウエスト側のステッチは端から7ミリにしてください。

ここは上下巻ロックで始末しても可愛いです♪

たちまちショートパンツ

フリル用の布が完成しました。

たちまちショートパンツ

フリルをパンツにつける

たちまちショートパンツ

たちまちショートパンツ

フリルのつけ位置は、パンツのウエストの縫い目のところにフリルの上(二つ折りしたほう)がくるようにあわせる。

たちまちショートパンツ

「パンツの脇線・フリルの脇線」を「パンツの中心・フリルの中心」をそれぞれ合わせて待ち針でとめる。

たちまちショートパンツ

写真のようにひだを寄せていきます。

すこしわかりにくいので下の図も合わせてご覧ください。

たちまちショートパンツ

たちまちショートパンツ

たちまちショートパンツ

だいたい同じぐらいになるようにひだを寄せます。ウエストのゴムを入れるとひだはあまりわからないので厳密じゃなくて大丈夫です!!

たちまちショートパンツ

ぐるりと一周ひだを寄せてマチち針をうちました。

あともう一息です!!頑張ってください。

たちまちショートパンツ

パンツを裏にひっくり返して、フリルとパンツを一緒に縫います。

たちまちショートパンツ

一緒に縫うときは、フリルの2つ折りしたステッチ(7ミリで縫ったところ)の上を縫います。ぐるり一周縫ったら完成です!

たちまちショートパンツ

フリルが付きました!

たちまちショートパンツ

ウエストにゴムを通して完成です!

お疲れさまでした!!

たちまちショートパンツ

セール

新しく入荷したもの

 

ぬのとくらしと SNS



下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間:平日10:00~17:00

■定休日:土曜日、日曜日、祝日
※商品の発送、問い合わせ対応は
 お休みさせていただきます
※定休日以外のお休みについては
 infomation 等でお知らせします
※オンラインストアのご注文は
 “24時間”受け付けております!

■問い合わせ先:
 info@nunokura-store.jp

ページトップへ