ART FABRIC コラム

オリジナル生地「ART FABRIC」について

「ART FABRIC」とは、ぬのとくらしとがデザインからプリントまですべて一貫して行っているハンドメイドのプリント生地です。

上質な無地の生地にオリジナルの柄をポイント的にプリントしています。

ART FABRIC とは

▽制作の様子はこちらで公開中▽

ART FABRIC とは

ART FABRIC のオススメポイント!

ART FABRIC とは

ART FABRIC とは

柄は幅広い年齢層の方に使っていただきたいたいと思い「シンプルでかわいい」を目指して制作しています。

またポイント的にプリントすることによって、小中学生のお子さんや大人の方でも着ていただくことができるデザインになっています!

ART FABRIC とは

中学生がきてもかわいい♪(モデル:中学1年生)

ART FABRIC とは

大人にも似合うから家族でお揃い服を作ってもとってもかわいい♪

アートファブリックができるまで

アートファブリックはデザインからプリント作業まで一貫して当店で行っています。

ご注文をいただいてから一点一点心をこめて制作させていただいております(^^)

その制作の一部始終をご紹介しますね!!

デザインづくり

デザインは店長カズナが担当しています。手描きのアイディアをもとにデザインをおこしてパソコンで処理をして版デザインを加工します。

工程は現在編集中です(*^▽^*)

プリント作業

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

プリント作業はほぼすべてカズキがおこなっています。

微妙な力加減でプリントの出かたが少しずつことなるので意外と繊細な作業だったりします。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

プリントの板を用意します。糊で吹き付けて生地がくっつくようにします。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

生地を貼り付けて固定します。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

版を用意します。これはクジラ柄のプリント版です。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

版を置いてプリント位置を確認します。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

インクを準備します。まぜまぜ。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

インクを版の上にのせます。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

スキージーで一気に刷ります。綺麗に刷れるかどうかが一瞬できまります。

緊張する瞬間です。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

さぁ、きれいに刷れているかな?どきどき。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

ちゃんときれいに刷れました!

仕上げ

その後、乾かしてアイロンで熱処理をしてインクを定着させて完成です!!

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

「私がプリントしています!!!」

一枚一枚ハンドプリントした、ぬのとくらしとのオリジナルファブリックいかがですか~?(*^-^*)

柄を好きな位置にきれいに裁断する方法

「プリント部分を自分の思った位置にきれいにくるようにとりたい。」

「裁断がきれいにできるかどうか不安。失敗したくない。」

裁断したら思ったよりプリント部分が上だった下だったという、失敗がないようにアートファブリックを裁断するときのコツをお伝えします!!

一見難しそうに感じますが、簡単なのでぜひお試しください♪

型紙をプリント部分に置いた際に柄が透けると位置を決めるのに楽にできるのですが、型紙の紙が厚くて柄が透けない場合もこれからご紹介する方法を使うと、よりきれいきな位置に裁断することができます。

準備するもの

・アートファブリック

・型紙

・水で消えるチャコペン

・定規

・裁断に必要な道具(文鎮、カッター、ハサミ、カッターマットなど)

ここでポイントとなる道具が水で消えるチャコペンです。時間がたつと自然に消えるチャコペンでも大丈夫です。手芸店はもちろん100円ショップでも購入が可能です。1本持っておくと便利なアイテムですよ~!

ただし、黒や濃色にはチャコペンの印が目立たないため、普通のチャコでも大丈夫です。その際は、印を目立たせすぎないように引いてくださいね。細いマスキングテープなんかもチャコの代わりになります。

1.プリントの位置を決める

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

はじめに生地を机や床に広げます。

生地全体を広げたほうがのちの作業がやりやすくなります。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

型紙を動かして位置を考えます。

このときに他の必要なパーツ(袖や、後ろ見頃など)も生地の上にならべて入るかもご確認ください。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

洋服のサイズが80、90サイズの場合、型紙によっては柄が生地の右下・左下に配置されていても中央に置くこともできる場合があります。そのため、今回は中央においた場合でご説明していきます。

右下、左下の場合でも工程はほぼ一緒です。

その場合は、工程の「4.位置がきまったら線(ライン)を引く」へお進みください。

・写真のパンケーキ柄の生地はサンプルのため、プリント位置が若干異なります。

(販売中のほうが柄の周りの余白をすこし広めにとっています。)

2.チャコペンで印をつけます

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

今回は柄を前見頃の中心にもってくることに決めたので、はじめに柄の縦の中心を決めてチャコペンで線を引きます。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

線の長さはわかりやすいお好みの長さで大丈夫です。

チャコペンの印は裁断後に水で消します。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

うっすら水色の線(ライン)がつけた印です。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

こちらは柄の下のほうにつけた印。

3.型紙を置いてプリント上下の位置を確認する。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

型紙も種類がありますが、左右どちらか半分のみの場合の型紙で反転させて使う場合でやっています。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

さきほど引いたラインの上に型紙の中心を合わせます。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

線(ライン)があると型紙を反転させる際にとても便利です。

この時にプリント部分が上すぎないか、下すぎないか、確認して上下の好みの位置を決めます。

※裾の縫い代部分に柄がかからないように気をつけてくださいね。

4.位置がきまったら線(ライン)を引く

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

縫い代の外側にチャコペンで印をつけていきます。襟回り袖の位置、裾の位置などわかりやすいように点線などを書いてくださいね。細かく書くとより正確にプリント位置をきめることができます。

これがこの線が裁断した際にプリントがくる位置の目安になります。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

線を引きました!(裾部分は写っていませんが、裾にも線を引いています)

生地をすこし離れたところから見て、プリント部分がお好みの位置にきているか確認します。

位置がちがったら再度位置を合わせて線をひきます。

5.裁断して完成

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

線(ライン)を引いてプリント位置が問題なければ再度型紙を置いて裁断します。チャコペンで引いた線で裁断できればそれでも大丈夫です。

【アートファブリック】とろ~りバターのパンケーキ

綺麗な位置にとることができました!

新しく入荷したもの


ぬのとくらしとブログ

ブログ

 



ぬのとくらしと SNS



下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

■営業時間:平日10:00~17:00

■定休日:土曜日、日曜日、祝日
※商品の発送、問い合わせ対応は
 お休みさせていただきます
※定休日以外のお休みについては
 infomation 等でお知らせします
※オンラインストアのご注文は
 “24時間”受け付けております!

■問い合わせ先:
 info@nunokura-store.jp

ページトップへ